脱サラ元公務員のひきよせ農業

脱サラして農業を始めた元公務員による、農業、起業の実録や農業・健康関連のおすすめ商品などを、紹介しているブログです。

MENU

【やりたいこと、やりたくないことリストから学んでみました☆】脱サラ元公務員のひきよせ農業vol.53〜ブルーベリー&自然栽培

 

f:id:tty-kanzaki:20190119004656p:plainf:id:tty-kanzaki:20190119004737p:plain


 

脱サラ、元地方公務員、最近まで某農業法人にてブルーベリーの栽培をやっておりました。かんざきたつや、36歳です。

 現在は、農業法人を退職し、独立起業の準備をしており、子どもたちの笑顔あふれる、「たくさんのひとたちの思い出づくりをお手伝いするブルーベリー農園」を創るべく、日々まい進しております。

 脱サラ(脱公務員)の経緯や、農業、そしてブルーベリー観光農園を志した経緯、やりたい農園のコンセプトなどについては、以下の過去記事をご覧ください。

 

tty-kanzaki.hatenablog.com

tty-kanzaki.hatenablog.com

 

www.ttykanzaki.com

 

tty-kanzaki.hatenablog.com

  

 起業のため、某農業法人を退職し、現在は、ブルーベリー観光の開園準備を本格的に始めており、長野県安曇野市で農地を探しています

 

今日も候補地を見てきました。

なかなか進んでいかないもどかしさもありますが、焦らずじっくり取り組んでいきたいと思います。  

 

☆こうご期待☆

 

最近私がよく本を読んでいる、本田晃一さんのブログを読んでいたら、

 

「やりたいことリスト」を作成し、同時に「やりたいたくないことリスト」を作成して、その反対を「やりたいことリスト」に補足する

 

というコラムがありました。

 

いろいろと実務をやっていると、後回しになりがちな自分の核(コア)な部分を

 

時々確認していくことは大事かと思い、やってみました。

 

ついでに前職、前々職をやっていた頃の感情についても少し掘り下げてみました。

(目次)

 

1.やりたいこと、やりたくないこと比較

(1)現在

 

(やりたい)

  • 自分で企画して物事を進める
  • 誰かに喜んでもらう(できれば直接)
  • 自然の奇跡に日常的に触れる
  • 頭と体を適度に使う(頭と体にやさしいこと≒健康)
  • 家族との時間を大切にする
  • 勉強や体験したことを教える
  • おいしくて健康にいいものを食べる

  

(やりたくない)

  • 我慢する、犠牲になる
  • 他人に振り回される
  • 強制される
  •  時間がない
(2)前職(農業法人社員)

 (やりたかった)

  • 農作物の観察や世話
  • 子どもと接する仕事
  • その他裁量のある仕事

(やりたくなかった)

  • 経営者の趣味の仕事
  • 会社に関係ない仕事(経営者の家に庭掃除など)
  • 土日祝日の出勤
  • その他裁量の無い仕事

 

肉体労働が中心の仕事でした。(在職中、PCには一度も触っていません。)

 

もともと農作業が好きなので、植物の観察や世話などはやりたいことでしたので、農作業に係ることは、基本やっていて楽しい内容でした。(以外にそれ以外の土木作業の割合が多かったですが・・)

 

また、お客さんで子どもがワイワイしているとテンションがあがりましたが、

土日などで、家族連れをみると、ちょっと、切なくなりました。

 

肉体労働中心で、体は健康でした。

体脂肪率なんて10%きっていましたし、筋力も相当つきました。

日常的に運動しており、健康で体にはよかったかもしれません。

 

しかし、強制されるなど裁量がないこと感じることは、体を使っていても、自然や農作物に触れていても、清々しくはなく、やりたくないと感じることが多かったように思います。

 

(3)前々職(県職員)

 

(やりたかった)

  • 自分で企画する仕事
  • 研修の企画、運営
  • 後輩などに仕事を教える
  • 森林所有者と直接、接する機会が多い仕事(小さい工事など)
  • 自然に触れる(測量や森林整備の調査など)

 

(やりたくなかったこと)

  • 意義が感じられない仕事(事業計画が長すぎたり効果が不明な事業)
  • 議員対応やトラブル処理など(コントロールや予測不能な仕事)
  • 会議などの調整
  • 残業、休日出勤

 

デスクワークが中心で、頭を使うことに少し偏っている印象でしたが、森林系の仕事だったので、現場で森林などの自然に触れることは好きでした。

  

 直接、人の役にに立っていることを感じ、自分が実際にやっている範囲が実感できる比較的規模がコンパクトな仕事は好きでした。

 

また、研修会の実施や後輩などに仕事を教えることなどは、好きな仕事であったと思います。

 

自分で納得して、かつ裁量のある仕事には、意欲がわいていたようです。

 

一方、予測不能なクレームや議員などの要求に対応する、他人から発生するコントロール不能な業務はストレスになっていたようです。

 

議員、議会対応や、幹部の会議の調整などの仕事は何故かすごく抵抗がありました。心の中に権力者に対する反発があるのかもしれません。

 

残業や休日出勤などは、論外に嫌っていました。そうならないように、相当研究していましたが、避けられないこともありました。

  

2.まとめ

振り返ってみて思ったのは、

自然、好きなんですね。

そして、つくづく、組織向きでないなあ・・・ということでした(TT)

よく10数年間もやってましたね、サラリーマン。

自分で納得したことを思うようにやりたいという思いが結構強めみたいです。

上司の顔色を伺うとか、指示に従うとか、関係者間の調整とか、・・基本的に向いてないんですね・・・やってたけど・・・。

 

これからやろうとしていることは、

 

自然のサイクルを利用させてもらって、農作物をつくる

それを、摘み取り園にして直接届け、喜んでもらう

農業や農作物すばらしさを伝える

家族との時間も大切にしながら、自分で考え、企画運営していく

 

ことであり、大体方向性はあっているように思います。

 

楽しみながら、がんばっていきたいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

 

 

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

 

 

 

大好きなことでお金を引き寄せる!すごい習慣

大好きなことでお金を引き寄せる!すごい習慣

 

 

 

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと

日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと