脱サラ元公務員のひきよせ農業

脱サラして農業を始めた元公務員による、農業、起業の実録や農業・健康関連のおすすめ商品などを、紹介しているブログです。

MENU

【フリーランスになってみて思ったこと】脱サラ元公務員のひきよせ農業vol.34〜ブルーベリー&自然栽培〜

f:id:tty-kanzaki:20181206001722j:plain



  脱サラ、元地方公務員、最近まで某農業法人にてブルーベリーの栽培をやっておりました。かんざきたつや、36歳です。

 現在は、農業法人を退職し、独立起業の準備をしており、子どもたちの笑顔あふれる、お父さんお母さんも一緒に笑顔あふれる、ブルーベリー農園を自分で創るべく、日々まい進しております。

 脱公務員の経緯や、ブルーベリー栽培を志した経緯、やりたい農園のコンセプトについては、以下をご覧ください。

 

tty-kanzaki.hatenablog.com

tty-kanzaki.hatenablog.com

tty-kanzaki.hatenablog.com

  

 2018年11月20日に、某農業法人を退職し、翌日からフリーランスになりました。

 

農園の開業のための準備や勉強などを少しずつ進めていますが

 

約2週間ほど経過したため、

 

思うことを書いてみたいと思います。

 

フリーランスになって思ったこと

 

メリット

  • 時間の融通がきく
  • 対人ストレスが少ない
  • 好きなことが仕事としてできる
  • うまくいったぶんだけ収入が大くなる

 

デメリット

  • 時間の管理が難しい
  • うまくいかなければ収入は無し(という不安)

 

 時間の融通がきき、家族との時間は確保しやすいと思いました。サラリーマンをやっていた頃も、調整すればなんとかなることもありましたが、基本的に就業時間に拘束されることも多く、繁忙期であればなかなか融通をきかせることは困難であったため、自由度が高いと感じます。

 また、サラリーマン時代にたまに見られた、パワハラ上司、組織の無茶な方針、クレームなどは一切ないため、その分の対人関係についてはストレスフリーです。

 いろいろと課題はありますが、基本的に自分がやっていて楽しいことなので、これは一番のメリットではないでしょうか。また、まだまだそのような段階ではありませんが、自分の成果が収入に直結することはやりがいにもつながります。

 

 一方、時間の自由度が高い分、仕事とそうでない時間との境目があいまいになりやすいと思います。特に家にいるときは、家事、育児、仕事の時間をしっかりとわけないと、子どもを見ながら、「もっと仕事したいのに~」と悶々としたり・・・。不安が先行し、休まなかったり、ストレスがたまってくることもあります。妻とそれぞれの仕事時間を明確にすることが必要と感じました(妻もフリーランスで仕事をしています。)

 また、メリットでもあるのですが自己責任であり、成果が収入に直結するため、月給〇〇円という安定した収入が得られません。成果が上がらないときは、それによる不安もストレスになります。

 

 まだまだ始めたばかりなので、手探り状態で、サラリーマンの感覚が抜けていませんが、妻とも定期的に仕事や家事育児の分担をよく話あうようになり、時間の使い方も確認するようになってきました。

 

 やってみなければわからないことが多いです。工夫しながら、のりきっていきたいです。

 明日は、農地を探しに行ってきます。

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お問い合わせフォームはこちら