脱サラ元公務員のひきよせ農業

脱サラして農業を始めた元公務員による、農業、起業の実録や農業・健康関連のおすすめ商品などを、紹介しているブログです。

MENU

【枯らしてしまった苗が大苗に変身】脱サラ元公務員のひきよせ農業vol.128~ブルーベリー&自然栽培

 

ブルーベリー苗の画像

 

脱サラ、元地方公務員、最近まで某農業法人にてブルーベリーの栽培をやっておりました、そして今は起業し、自分のブルーベリー農園を準備しています。かんざきたつや(@ttykanz)、36歳です。

 

農業を目指した理由、脱サラの経緯、やりたい農園のコンセプトなどは、下記のプロフィールページ又は、下記リンクご覧頂けるとうれしいです。

 ⇒かんざきたつやのプロフィールページを見る

 

最近「日本ブログ村」のベンチャー部門で4位(約4,000サイトが参加)になりました。

ブログランキングの画像

 

読んで頂いている方々、本当にありがとうございます。

 ※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。

よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

 

ことし5月の夏日が続いた期間に、植える前に、不調にしてしまった苗が、今では立派いな苗に復活しました。

来春に備えさらに大苗に育てる予定です。

  

 

【枯らしてしまった苗が大苗に変身】

植え付ける前に、葉が枯れておちてしまった、苗たち・・・

今年5月に、ブルーベリーの苗を340本購入して、植え付けたのは333本でした。

340-333=7本は、何故植えなかったかというと・・・

 

梅雨入り前の、真夏日が続いたときに、水の管理不足で不調にしてしまったためです。

 

私の師匠の江澤貞雄氏からのアドバイスにを受けて、

苗が届いた日に、バケツに水を張り、苗をポットごとつけて、吸水させました。

 

「それだけで水やりは不要」とおっしゃっていましたが、その後予想外に、晴天が続き、7本の苗の葉が枯れて落ちてしまいました。

 

植付で忙しい時期ではあったものの、

「水やりは不要」という言葉だけに固執して、現状の観察を怠った結果でした。

反省です・・・・

 

1か月半くらいで見事復活

ブルーベリー苗の画像

その後、水をしっかり管理し、観察しながら経過をみたところ、

1か月半ほどで、木の棒みたいだった苗に新芽や葉が次々と出てきて、復活し前よりも立派になりました。

 

江澤貞雄氏の著書「ブルーベリーをつくりこなす」(農文協)にも、同じような経験談が載っており、図らずしも、自ら実証してしまいました・・・・

 

大苗にして来春リベンジ

今年植え付けた苗の中に、モンゴメリーという品種の大苗があったので、その空いたポット(6号 18cmポット)

に植え付けて、大苗にし、来春の植え付けに備えることにしました。

 

鹿沼土とピートモスの画像

 (鹿沼土とピートモスを準備します。)

 

鹿沼土とピートモスの画像2

(ピートモス:鹿沼土=1:1 くらいで混ぜます。)

 

鹿沼土とピートモスの画像3

(ピートモスは乾燥しているので、水を加えて吸水させます。含水率50

%くらい)

 

ブルーベリーの画像

(6号ポットに植え付けて完成です。なじませるため、水やりをします。)

 

市販の「ブルーベリーの土」を使ってもいいのかもしれませんが、 

肥料成分が含まれており、苗木には障害が出ることがあります。

そのため鹿沼土とピートモスを自分で混合しました。

 

5月に植え付けたときに見た苗の根とは違い、細い、透明な根がポットの周囲を囲うように伸びてきており、根が伸びていたことが確認できました。

 

もっと早く植え替えてもよかったかもしれません。

 

来春に向けて、苗さんよろしくお願いします。

 

  

 今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

   お問い合わせフォームはこちら

 

 ※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。

よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村